ネットで海外輸出ビジネスをはじめる方法 

年商6000万円ラクラク突破!中古車輸出でエンジョイライフ!

ネット輸出で成功する人が増えています。ここではそんな輸出ビジネスのノウハウを公開します。

サイトマップ

オンライン・マーケットプレイスは、国境のないバーチャルモール

オンライン・マーケットプレイスについてここで改めて詳しく説明していきます。



オンライン・マーケットプレイスは、「イーマーケットプレイス」とも呼ばれ、複数の売り手および買い手が24時間いつでもB2B市場で取引することができるオンラインの取引所のことを指します。

このオンライン・マーケットプレイスは、主に企業間での取引相手を探すため活用して利便性が高いものです。

業界別に商品を特化した市場、もしくは総合コミュニティで売買情報を発信し、商品の受注、発注をオンライン上で完結できるというものです。

オンライン・マーケットプレイスには、2タイプの売買形態があります。

売り手がホストになってオークションのような形で行う売買と、買い手がホストとなって、いわゆる「逆オークション」の形で進行する形態があります。

マーケットによっては、貿易実務の手配、オンライン決済ができるケースもあるくらいなので、いよいよその利便性は高まっています。

売買時に中間業者が介在しないため、コスト面で大きなメリットを見出すことができるのも見逃せません。

もちろん、売買効率が高まることもそうです。

また、オンライン・マーケットプレイスでは、マーケットプレイス自身が管理者となる決済方法(預託金方式=管理者が仲介者となって代金の前受けおよび納品後の支払いの代行する)があり、このおかげで、売り手は資金繰りにメドが立ちやすくなり、買い手は納品リスクに関して軽減できることになるのです。

毎度おなじみのことですが、メリットがあるものには必ずデメリットも付随します。

このオンライン・マーケットプレイスでもそこは同じです。

たとえば、年会費、初期費用などといった固定額は必ず必要となるため、費用対効果を熟慮する必要があること、あるいは回線障害によってマーケットプレイスにアクセスできない場合もあり、このためにバックアップ体制を整えておく必要があること、さらに、マーケットプレイス内の自分のホームページをフレックスに修正することができないなどの点が、このオンライン・マーケットプレイスのデメリットにあたります。では、以下にオンライン・マーケットプレイスの具体的なものを挙げて行きます。

・アリババグループのアリババ(総合)

・EC Plaza Network社 Global(総合)

・Agentrics社 Agentrics(小売業総合)

・RS-Components社 RSオンライン(半導体)

・Thomas Publishing Company社 Thomas Global(工業)

・netCOMPONENTS社 netCOMPONENTS(電子部品)

タオパオは、2003年にアリババグループが設立した、中国最大のネットショッピングサイトです。

アリババとタオパオの最大の違いは、アリババがB2B型マーケットプレイスであるのに対し、タオパオはC2C型のショッピングサイトです。

これはちょうど日本の「楽天市場」をイメージさせる形式ということができるでしょう。

ですからタオパオは、企業ではなく個人をターゲットとしたサイトということになり、楽天市場のように誰でも気軽に参加できるというメリットがあります。

日本でいうオークションで出品したことがある人であれば、それほど抵抗なくタオパオにも出店できるはずです。

タオパオの決済方法は、「支付宝(アリペイ)」という、タオパオ独自の決済システムが用いられます。

このシステムは、マーケットプレイスの預託金決済とよく似た決済方法です。

すなわち、買い手がアリペイに代金を預け、商品を受け取り、問題がなければ売り手に代金支払いの指示を出すというシステムです。

アリペイのシステムであれば、売り手は日本にいながら安心して物を売ることができ、中国人のお客さんも安心して物を買うことができるのです。

ただ、不慣れな人は初動の手続きが煩雑に感じられるかもしれませんので、都合が許せば、手続き代行会社に依頼して、速やかに取引を開始することもできます。


台湾の消費者は、台湾版のタオバオを通じて中国タオバオの店舗で買物ができる

2006年以降、タオパオは「台湾館」を設置しました。この台湾館というのは、大陸本土のユーザーが台湾製品の購入を支援するためのものです。

さらに2009年8月、タオパオは「台湾淘1駅」というショップを立ち上げ、中国本土のタオパオ商品を台湾市場で販売するという相互支援の形を完成させました。

中国は人民元、台湾は新台湾ドルという異なる通貨間のやりとりのため、従来であれば、互いに決済の面で慢性的に不便を感じなければなりませんでしたが、しかし、この相互支援の形が完成したことにより、そうした不都合が一掃されたということです。

台湾におけるネット通販市場も安定した伸び率を計上しはじめており、この分であれば中国、台湾両市場の相乗効果への期待も大きく膨らむでしょう。

中古車輸出専用ウェブ構築ソフト「Racoon」
ネットビジネス志望者が急増中!
誰もが、簡単に、輸出ビジネスを始められる!
思考回路を切り替えて、海外に儲けのチャンスを見出す
日本の中古品は世界のお宝<成功例1>
起業1年目で粗利益95%<成功例2>
ポップカルチャーは無限の価値<成功例3>
起業1年目で売上げ8000万超!<成功例4>
ミドルパッケージを利用すれば、もっと手軽に始められる
ネット輸出ではモノだけでなく、サービスも売ることができる
ネットビジネスの元手を安くする、インターネット・オフィス
商材探しのスタートは、見込み客がいる国の絞り込みから
外国人だけでなく、在外邦人も大きな見込み客
海外では珍しいが、日本では珍しくない。そんな商品は競争が激しい
海外でも、日本でも珍しい商材は、需要の喚起が大切
海外でも、日本でも珍しくない商品は、低価値だが大量販売に向いている
海外では珍しくないが、日本では珍しい商品は、ひと工夫して高価値に変換
国と地域を絞り込むときには、2つのリスクを考慮する
商材の絞り込みは、仮説と検証の繰り返し
商品の利益率に注目すると、それに見合う付加価値が見えてくる
ネット輸出ビジネスに向いている3つの組織形態
自分に合った組織形態を選ぶポイント
社名のつけ方、ブレインの数、スタッフの人選
取り扱う商品によって、監督官庁などの許認可を確認する
ネット輸出ビジネスに必要な語学力とは?
攻略法その@オンラインの機械翻訳サービスを使う
攻略法そのA在日留学生・語学キャリア主婦を雇う
攻略法そのB現地企業、海外赴任者、赴任帰国者に協力を依頼する
攻略法そのC専門業者に頼む
攻略法そのD外国人と相互学習する
コミュニケーションの基本は英文ビジネスメール
仲介貿易(三国間貿易)をメインに考えたコミュニケーションのあり方
インターネット広告を世界に発信する前の心構え
中国でのネットショッピングはC2Cが9割
中国人は左手に「現実」、右手には「絆」という器を持っている
中国で人気がでるWEBサイトの条件
ネット広告の必要性と種類の確認
在外邦人向けの商財に合わせた広告を考える
常に為替リスクを考えることが大切
現地の状況を意識した決済手段を考える
手数料が高い電信送金、送金額に上限がある国際郵便為替
クレジットカード決済代行会社を利用して、事務管理コストを削減
paypalは、個人のネットショップオーナーに最適な決済手段
オンライン・マーケットプレイスは、国境のないバーチャルモール
リスク対策の基本は・お互いの行動を予測・管理する売買契約書
ネット輸出ビジネスにおけるリスクマネジメント
売買契約を巡るトラブルと対策
返品、キャンセルを巡るトラブルと対策
利用規約を巡るトラブルと対策
中古車輸出「完全起業パッケージ」
発展途上国が熱い!!日本脱出!!中古車輸出ビジネスで増収マニュアル!!
発展途上国が熱い。古物商で中古車輸出ビジネス開業キット。
中古車輸出のバイヤー探し専門マニュアル『i-marketing』

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
金利 シミュレーション














ネットで海外輸出ビジネスをはじめる方法 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。