ネットで海外輸出ビジネスをはじめる方法 

年商6000万円ラクラク突破!中古車輸出でエンジョイライフ!

ネット輸出で成功する人が増えています。ここではそんな輸出ビジネスのノウハウを公開します。

サイトマップ

在外邦人向けの商財に合わせた広告を考える

在外邦人向けweb広告の場合

輸出ビジネスの場合、もちろん「外国」がターゲットになるのは当然のことですが、ただ、純粋に「外国人」をターゲットにするのか、それとも「在外邦人と外国人」をターゲットにするのか、さらには「日本語ができる外国人」はどうするのかといった、微妙な差異に気をつけなければなりません。



結論から言えば、やはりターゲットを絞り込んで宣伝広告を打つべきでしょう。

一番アプローチしやすいのが、やはり日本語の部分に何ら問題を生じない在外邦人ということになるでしょう。

ずいぶん前の項目でも触れたように、在外邦人の欲求というのは、周りの外国人とは違います。

日本のものを感じたい、使い慣れたものを手にしたいと、そういう欲求が間違いなく大きいはずです。

これにあたる商品の具体例は、前にも示した通り、日本のコスメティック関連製品や食料品、さらには語学関連機器、さらには学参、生活雑貨などになります。

かといって、「日本関係の商品があります」とだけ宣伝してもこれでは効果は得られません。

もっと日本を感じさせる宣伝が必要になります。

つまり、日本の風味や暖かさ、伝統などといった、あなただけが与えることのできる付加価値を広告に盛り込むのです。

在外邦人をターゲットとするのであれば、顧客のメンタル面にまでしみわたるような広告を作ることを忘れないでください。

これに対し、純粋な日本の物を求める外国人というのは意外と少なくありません。

ここでいう「純粋な日本の物」とは、日本の観光地で外国人向けに売られている土産のようなものではなく、日本人が日本で日常的に使う商品を指します。

この場合、いくら「日本らしさ」という付加価値をつけたところで外国人には理解されませんので、ここは大胆に「日本製である」という付加価値を商品に与えるのです。

ですから、こちらはフィジカルな、マティリアルなマーケティングということになります。

とは言え、何をどう使うかわからないものをいきなり言い値で売りつけても、これは効果がないことは明らかでしょう。

この商品によって得ることができる価値について、しっかり説明する必要はあります。

これに加えて、日本製品であることに対する「安心感」を盛り込むことは忘れてはいけません。

ただ、この場合は、在外邦人向け、そして外国人向けというカテゴリ分けをホームページ上でする必要はありません。

なぜならば、「純粋な日本の物」を欲する外国人というのは、あらゆる面で日本に魅せられていて、自分で日本のことを研究しているような人か、あるいは親類縁者、親しい友人に日本人がいるというケースしか考えられません。

であれば、敢えてカテゴリを分類する必要はないのです。

そういう人々は、日本語に触れたいという欲求を必ず持っていますし、外国語版のページは敢えて使いたくないというプライドも持ち合わせているものです。

そのあたりの自尊心を軽く刺激するのも有効手段です。

ですから、ホームページ作成を依頼する際には、そのあたりの心理を理解している制作会社に依頼するのが得策です。

在外邦人向けメールマガジンの場合

メールマガジン発行ツールの進化には目覚ましいものがあります。

その気があるのなら、毎日発行することも可能であると言っても過言ではありません。

ただ、簡単にできるからと言って、短絡的なメルマガでは逆効果、必ず前述したような付加価値を与えるという視点で発行すべきです。

あるキーワードやある商品を思い浮かべることで、即あなたのショップのことを思い浮かべることができるといった、無言のシステムを構築することが重要です。

店長の日本にまつわるエピソードを盛り込むとか、日本ならではの季節感をちりばめるとか、そういった手を講じることで、そんなシステムも自然と出来上がり、付加価値を与えることができるメルマガとして機能するはずです。

外国人に対しては、日本語のワンポイントレッスンや、日本文化の紹介、伝統芸能をはじめとした日本芸能のあれこれ、さらに有効なのが、商品にまつわる日本でのエピソードなどといった付加価値を与えることで、間違いなく喜ばれるメルマガになるはずです。

在外邦人向けスポンサーシップ広告の場合

インターネットユーザーであればすでにご存知だと思いますが、ネット上では、世界中の情報がリアルタイムで更新されています。

したがって、ネットユーザーは一般情報には慣れていると考えなくてはなりません。

ということで、スポンサーシップ広告を出す際には、イメージを膨らませるような広告ではなく、具体的にテーマを絞り込んだタイプの広告を出すことが重要です。

もちろん、目線はユーザー目線に合わせます。

たとえば、在外邦人が最も欲しがる情報は何かを考えると、治安や医療、交通手段、さらには住宅事情や暮らしにおける便利情報といった情報です。

こういった具体性のあるテーマを絞り込み、スポンサーシップ広告として表示すれば、在外邦人は何らかの反応を示す確率が高くなります。

在外邦人向けリスティング広告の場合

検索サイトで情報を調べるというごく日常的な作業は、日常であるからこそ「お気に入り」に検索サイトをセッティングしてあるケースが多いです。

リスティング広告の場合、検索結果の主体部分のサイドや上部に掲載されるため、本意でなく誤ってクリックされるケースが少なくありません。

その意味では、「ターゲットではない顧客の来訪を受ける」というケースが実は少なくないのです。

ですから、ここではクリック数が増えたところで、それがすべて購買に反映するとは言えないというのが重要なポイントになってきます。

リスティング広告の場合は、キャンペーンやイベントなど、「期間限定」という部分で集客する能力が高いと考えられます。

ということは逆に、リスティング広告の定期掲載という作戦が有効であるとは言い切れない部分もある、ということにもなります。

日本人と外国人の顧客を考える場合、たとえ同じ商品を売る場合でも、検索キーワードが違うことは珍しくありません。

その点も考えて、外国人向けのキーワードと日本人向けのキーワードのそれぞれを用意しておくことが大切です。

また、ここでも注意が必要なのが、「和製英語」です。

たとえば「オーダーメイド」や「ノートパソコン」、「テレビゲーム」などといった日本で日常的に使われる言葉はすべて「和製英語」です。

英語圏ではそれぞれ”custom-made”、”laptop computers”、”video games”と表記されます。ご注意を。

在外邦人向けアフィリエイト広告

「在外邦人向け」というターゲットが明確である以上、無関係のサイトにアフィリエイト広告を掲載したところで、何の効果も得られません。

やはり異国の地では、同じ境遇のコミュニティが重要になるという観点で、購入者にお願いして、カスタマーズレビューを書いていただくなどの工夫が必要になります。

そして、カスタマーのブログやホームページにアフィリエイト広告を掲載するという作戦が一番効果を得られるでしょう。

そのカスタマーがブログ等を持っていなければ、関連がありそうな人にお願いしてもらうという方法でも効果はあると思われます。


在外邦人を除く、外国居住者の商財に合わせた広告を考える

表題のテーマにおいて、ターゲットとなる商材に関しては前にご紹介しました。

ここでもう一度おさらいしておきますと、概ね次のようになります。

・海外では珍しいが、日本では珍しくない商材

・日本でも海外でも珍しい商材

・日本でも海外でも珍しくない商材

・海外では珍しくないが、日本では珍しい商材

広告では、基本的に現地の言語、あるいは英語がメインとなります。

ただ、それだけではなく、どこかに日本語(あるいはそれを連想させるアイテム)をちりばめることで、より興味を刺激できるでしょう。

広告ですから、商品のアピールはもちろん大切ですが、あまりにあからさまにアピールしすぎて、「売りたい」という気持ちが前面に出て喧伝してしまうと、顔が見えない分、必要以上に警戒感を与えてしまいかねません。

そのあたりは、やはり顧客との一定の距離は大切です。

商品のアピールよりも、顧客に対して親身になってサービスするということを知ってもらえるように工夫すべきです。

日本ならではの商材が欲しい外国人であれば、日本のことを知りたい気持ちは強いはずです。

であれば、日本人であるご自身の経験を生かして、その商品を購入するメリットを「日本的の文化や生活」と絡めて知らせると効果的です。

在外邦人を除く、外国居住者向けweb広告の場合

マニアックな商品というのは、ともすれば価格は高めに設定されがちです。

とは言え、現地で売られているマニア向け製品とは本質的に違っているという点には注意が必要です。

「ただ高い物」となってしまわないように、この種の商品を売る際には、「日本らしさ」をキッチリとアピールすることが重要です。

では、こういう商品ではどんな広告を打てばよいでしょうか。

考え方として、マニアックな商品であっても、その商品を欲しがる外国人がそれを理解しているということは、その価値を繰り返してアピールする必要はないということになります。

場合によっては、それに関しては売り手よりも詳しい外国人がいるかもしれません。

この場合、商品の特性などをアピールするよりも、売り手独自の視点で説明を加えてみたり、あるいはその商品にまつわるコラムを掲載したりというのも有効なはずです。

そして、そういった珍しい物に関して重要になるのが、アフターサービスやメンテナンスサービスです。

希少品の顧客は、そういったサービスを提供することで信頼を得やすいというのが特徴です。

信頼関係を築くことができれば、その顧客はまずリピーターになるでしょう。

また、希少品の中でも、潜在的な需要は高いと憶測できながらも、市場開拓はまだされていないという商品もあります。

そういったものは、商品の珍しさだけでなく、「日本製である」ということを大々的にアピールする必要があります。

一見よくわからないものではあるが、なぜかそれが気になって仕方がない――顧客のそんな知的好奇心を揺り動かすことが大切です。

そのためにも、興味を刺激するような活用例の紹介、可能であればその場で使って見せるなどの工夫が欲しいところです。

という具合に、いわゆる「舶来品」はそもそもその国には初めからない物です。

そこに何らかの魅力を感じてもらうためにも、「日本からやってきた」とか「日本にしかない」などのプレミアをいかにして付加し、商品の付加価値を高めるかがポイントとなってきます。

在外邦人を除く、外国居住者向けメールマガジン広告の場合

日本ではおなじみになっているメールマガジンですが、外国でこれは「ニュースレター」と呼ばれています。

呼び方は違いますが、広告戦略はweb広告と大差ありません。

ターゲットに対してニュースレターを配信する、ということです。

ただ、留意しておきたいのは、ニュースレターの場合、web広告のように不特定多数の人間が見るということではなく、自分から進んで読みたいという、興味を持っている読者が多いことです。

ということは、日本の生活や伝統、習慣などに興味を持つであろう読者が必ずいるということになります。

そのあたりをイメージしてメルマガの内容を決定する必要があります。

また、こうした内容であればネタに困ることはないですから、長期的なスタンスでメルマガ配信することを目指してください。

メルマガ配信においても、あくまでも「外国人視線」、「顧客本位」の姿勢を崩すべきではありません。

在外邦人を除く、外国居住者向けスポンサーシップ広告の場合

この場合の広告戦略を考えるとき、売り手単体の戦力では限界があるかもしれません。

そこで、自国の信頼できるプロの記者が書いた記事に広告掲載を打つ、という手法は効果があると思われます。

しかし、この場合は他の広告戦略に比べると、コスト高の感は否めません。

費用対効果に注目する必要があります。

在外邦人を除く、外国居住者向けリスティング広告の場合

ここでの広告戦略では、「検索キーワード」の設定がまずは大きなポイントです。

と言っても、日本人の感覚でそれをしてしまうと、外国人のフィーリングとは異なる危険性があることを重々認識する必要があります。

外国人のフィーリングをよく理解してキーワード設定を行うことになります。

では、その方法はというと、これは現地人に生の声を聞いて、そこから検索キーワードをはじき出すしかありません。

日本在留外国人職員や留学生などの知人にインタビューする、あるいは、ここでも現地の業者に依頼してキーワード作成するという方法も選択肢の1つではあるでしょう。

中古車輸出専用ウェブ構築ソフト「Racoon」
ネットビジネス志望者が急増中!
誰もが、簡単に、輸出ビジネスを始められる!
思考回路を切り替えて、海外に儲けのチャンスを見出す
日本の中古品は世界のお宝<成功例1>
起業1年目で粗利益95%<成功例2>
ポップカルチャーは無限の価値<成功例3>
起業1年目で売上げ8000万超!<成功例4>
ミドルパッケージを利用すれば、もっと手軽に始められる
ネット輸出ではモノだけでなく、サービスも売ることができる
ネットビジネスの元手を安くする、インターネット・オフィス
商材探しのスタートは、見込み客がいる国の絞り込みから
外国人だけでなく、在外邦人も大きな見込み客
海外では珍しいが、日本では珍しくない。そんな商品は競争が激しい
海外でも、日本でも珍しい商材は、需要の喚起が大切
海外でも、日本でも珍しくない商品は、低価値だが大量販売に向いている
海外では珍しくないが、日本では珍しい商品は、ひと工夫して高価値に変換
国と地域を絞り込むときには、2つのリスクを考慮する
商材の絞り込みは、仮説と検証の繰り返し
商品の利益率に注目すると、それに見合う付加価値が見えてくる
ネット輸出ビジネスに向いている3つの組織形態
自分に合った組織形態を選ぶポイント
社名のつけ方、ブレインの数、スタッフの人選
取り扱う商品によって、監督官庁などの許認可を確認する
ネット輸出ビジネスに必要な語学力とは?
攻略法その@オンラインの機械翻訳サービスを使う
攻略法そのA在日留学生・語学キャリア主婦を雇う
攻略法そのB現地企業、海外赴任者、赴任帰国者に協力を依頼する
攻略法そのC専門業者に頼む
攻略法そのD外国人と相互学習する
コミュニケーションの基本は英文ビジネスメール
仲介貿易(三国間貿易)をメインに考えたコミュニケーションのあり方
インターネット広告を世界に発信する前の心構え
中国でのネットショッピングはC2Cが9割
中国人は左手に「現実」、右手には「絆」という器を持っている
中国で人気がでるWEBサイトの条件
ネット広告の必要性と種類の確認
在外邦人向けの商財に合わせた広告を考える
常に為替リスクを考えることが大切
現地の状況を意識した決済手段を考える
手数料が高い電信送金、送金額に上限がある国際郵便為替
クレジットカード決済代行会社を利用して、事務管理コストを削減
paypalは、個人のネットショップオーナーに最適な決済手段
オンライン・マーケットプレイスは、国境のないバーチャルモール
リスク対策の基本は・お互いの行動を予測・管理する売買契約書
ネット輸出ビジネスにおけるリスクマネジメント
売買契約を巡るトラブルと対策
返品、キャンセルを巡るトラブルと対策
利用規約を巡るトラブルと対策
中古車輸出「完全起業パッケージ」
発展途上国が熱い!!日本脱出!!中古車輸出ビジネスで増収マニュアル!!
発展途上国が熱い。古物商で中古車輸出ビジネス開業キット。
中古車輸出のバイヤー探し専門マニュアル『i-marketing』

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
為替 金利



























































































































































































ネットで海外輸出ビジネスをはじめる方法 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。