ネットで海外輸出ビジネスをはじめる方法 

年商6000万円ラクラク突破!中古車輸出でエンジョイライフ!

ネット輸出で成功する人が増えています。ここではそんな輸出ビジネスのノウハウを公開します。

サイトマップ

中国で人気がでるWEBサイトの条件

現在中国では、学歴や年収の格差によって、ネット環境の好みの違いを生じており、その延長から、検索サイトの好みもまた違いを生じてきています。



2010年3月までは、Googleが中国における検索サイトの主流でしたが、これが撤退した関係で、「百度」という中国で生まれた検索サイトが圧倒的シェアを占めるようになってきました。

「捜狗」や「捜捜」という検索サイトも台頭してきてはいるものの、やはり広告掲載の視点からすると「百度」を最重要視しなければならないということになります。

これに関してもさまざまな手法がありますので、まずは、自社webサイトの構築から考えて行くことにしましょう。

購買までのプロセスをわかりやすくシミュレートしてあげる

どんなwebサイトを構築するにしても、構築する以上最低条件となるのが、「ユーザビリティ(ユーザーから見て使いやすい、見やすいなどの必要条件)」です。

ただ、年齢や性別、そして価値観によってその条件が大きく異なるため、現在のところそれが具体的に定義付けされるには至っていません。

しかし、中国向けにwebサイトを構築するのであれば、ある一定の方向性を導くことができます。

それは「このようにすればこのようになる」といったメッセージをより具体的に発信するスタイルのサイトを構築することです。

前項でも触れましたが、ユーザーがネットを理解できなくて物が売れなかったという損失金額を考えても、これは一般的な「経済効果」というレベルの視点でも、相当大きな金額になるはずです。

どんな方法でもかまわないので、とにかくユーザーに対して理解を促す方向性でwebサイトを構築することが必要になります。

たとえば音声ガイドという方法もあるでしょうし、ストリーミングによって解説する方法もあるでしょう。

図解だってかまいません。

いずれにしても、とにかく「購買までのプロセス」をより明確にする必要は少なからずあります。

そうした心遣いに代表される「サービス」こそ、現在中国で最も需要が高いものなのです。

ですから、日本で培ってきたサービス精神を中国で前面に発揮すれば、ライバルにも負けない武器になるはずです。

中国人一般に言えることですが、中国では「知らなかった」という言葉が暗黙のうちにタブー視される傾向にあります。

これは中国人のプライドの高さの一端を表してもいるかもしれません。ただ、そうすることで、サイトをめぐるトラブルを未然に防ぐということにも大いにつながりますから、自社に対してもメリットは大きいのです。


デザインは統一感よりも、派手で、情報量が多いこと

では、中国のwebサイトに共通するいくつかのポイントについて、いよいよ具体的に説明していきましょう。

まずはヴィジュアルな部分ではっきりとした傾向があります。

それは、赤と黄色を基調としたかなり派手なトーンのサイトが目立つ、ということです。

赤と黄色が使われることにはちゃんと意味があり、それぞれ「幸をもたらす縁起のよい色」、「財をもたらすよい色」ということで、どのサイトも赤と黄色を使っているようです。

そして、中国人気質というと、とにかく客人にふるまう料理の量などからも判断できるように、「大きいこと」、「多いこと」を重視します。ですから、情報量もできるかぎり多くすることがポイントになってきます。

そして、もうひとつ言えることは、サイト内の統一感に乏しいということです。

中国では、サイト構築の最大の目的が「目をひくこと」という位置づけにどうやら至るようで、サイトとしての完成度よりも、どちらかと言えば奇を衒っているかのようなサイトのほうが目立ちます。

やたらとポップアップウィンドウが表示されたり、あるいはフローティング広告なども多用されたりしています。

このあたりは、日本の常識とは大きくかけ離れているので、そのあたりに細心の注意を払うべきでしょう。

商品の価値だけでなく、あなたから買うことの価値を加える

日本の会社が運営しているというだけで、そのサイトは一定の付加価値があると考えられることは、これまでにも再三にわたってお話してきました。

そこで、少し確認したいのが、「本当に日本の会社だからといって安心感を与えているのか」という部分です。

先に触れた通り、「操作性の問題で挫折」という中国ネットショッピングの事情がありましたが、この中にはもしかしたら「相手の顔が見えない不安感から買わない」というものも実は潜在的に含まれているのはないか、という考え方もできるのではないでしょうか。

中国では、ともすれば個人主義や損得勘定が激しい国であると考えられますが、これは、他者に対する自身の防衛策が傾倒した末の形なのではないかとも考えられます。

そう考えると、中国市場に乗り出す際には、商品ラインナップと商品説明だけでは不十分なのではないか、という気がします。

しかしそこにひとたび「そのお店(つまりはあなた)から買う価値」を顧客が見出すことができれば、まず間違いなく信頼を得ることができるはずです。

中古車輸出専用ウェブ構築ソフト「Racoon」
ネットビジネス志望者が急増中!
誰もが、簡単に、輸出ビジネスを始められる!
思考回路を切り替えて、海外に儲けのチャンスを見出す
日本の中古品は世界のお宝<成功例1>
起業1年目で粗利益95%<成功例2>
ポップカルチャーは無限の価値<成功例3>
起業1年目で売上げ8000万超!<成功例4>
ミドルパッケージを利用すれば、もっと手軽に始められる
ネット輸出ではモノだけでなく、サービスも売ることができる
ネットビジネスの元手を安くする、インターネット・オフィス
商材探しのスタートは、見込み客がいる国の絞り込みから
外国人だけでなく、在外邦人も大きな見込み客
海外では珍しいが、日本では珍しくない。そんな商品は競争が激しい
海外でも、日本でも珍しい商材は、需要の喚起が大切
海外でも、日本でも珍しくない商品は、低価値だが大量販売に向いている
海外では珍しくないが、日本では珍しい商品は、ひと工夫して高価値に変換
国と地域を絞り込むときには、2つのリスクを考慮する
商材の絞り込みは、仮説と検証の繰り返し
商品の利益率に注目すると、それに見合う付加価値が見えてくる
ネット輸出ビジネスに向いている3つの組織形態
自分に合った組織形態を選ぶポイント
社名のつけ方、ブレインの数、スタッフの人選
取り扱う商品によって、監督官庁などの許認可を確認する
ネット輸出ビジネスに必要な語学力とは?
攻略法その@オンラインの機械翻訳サービスを使う
攻略法そのA在日留学生・語学キャリア主婦を雇う
攻略法そのB現地企業、海外赴任者、赴任帰国者に協力を依頼する
攻略法そのC専門業者に頼む
攻略法そのD外国人と相互学習する
コミュニケーションの基本は英文ビジネスメール
仲介貿易(三国間貿易)をメインに考えたコミュニケーションのあり方
インターネット広告を世界に発信する前の心構え
中国でのネットショッピングはC2Cが9割
中国人は左手に「現実」、右手には「絆」という器を持っている
中国で人気がでるWEBサイトの条件
ネット広告の必要性と種類の確認
在外邦人向けの商財に合わせた広告を考える
常に為替リスクを考えることが大切
現地の状況を意識した決済手段を考える
手数料が高い電信送金、送金額に上限がある国際郵便為替
クレジットカード決済代行会社を利用して、事務管理コストを削減
paypalは、個人のネットショップオーナーに最適な決済手段
オンライン・マーケットプレイスは、国境のないバーチャルモール
リスク対策の基本は・お互いの行動を予測・管理する売買契約書
ネット輸出ビジネスにおけるリスクマネジメント
売買契約を巡るトラブルと対策
返品、キャンセルを巡るトラブルと対策
利用規約を巡るトラブルと対策
中古車輸出「完全起業パッケージ」
発展途上国が熱い!!日本脱出!!中古車輸出ビジネスで増収マニュアル!!
発展途上国が熱い。古物商で中古車輸出ビジネス開業キット。
中古車輸出のバイヤー探し専門マニュアル『i-marketing』

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
外貨預金 金利 比較















ネットで海外輸出ビジネスをはじめる方法 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。