ネットで海外輸出ビジネスをはじめる方法 

年商6000万円ラクラク突破!中古車輸出でエンジョイライフ!

ネット輸出で成功する人が増えています。ここではそんな輸出ビジネスのノウハウを公開します。

サイトマップ

中国でのネットショッピングはC2Cが9割

中国のCNNICが2009年に発表した報告書によれば、中国でネットショッピングによって動いた総額は、実に1195.2億人民元にまで達するとされており、これはC2C(一般消費者が一般消費者に対して販売するケース)に約9割という数字です。



さらに詳細に触れてみますと、2009年の6月までに、前年比38.9%(8788万人)の伸びを計上しているのです。

ネットユーザーの89%にものぼる人々がC2Cでネットショッピングをしているだけでも十分驚きですが、その中で売れ筋なのが、服飾、アクセサリー、玩具、化粧品、電子機器などということですから、まさに好景気を反映している内訳です。

中国のように国土が広いと、どこでも買える利便性は何物にも代えることができないのでしょう。

女性のネットショッピング利用が多いが、高額商品は男性に多い

さらに興味深いデータをご紹介しますと、ネットユーザーの61.5%が服飾ならびに家庭用品の購入経験があり、これも前年比12.6%の伸びとなっています。

ネットショッピングの利用者には、年齢的な傾向があり、18歳〜30歳までが多くを占めています。

また、月収が1000元〜3000元の会社員、さらには学生にも人気を博しているようです。

性別でみると、ネットショッピングはやはり圧倒的に女性の比率が男性を上回っています。

とはいえ、高額商品になると今度は一転し、女性よりも男性の比率が高いというデータがあります。

ネットショッピングの満足度調査の結果もご紹介しますと、ネットショッピングそのものに対する満足度は全体的に高いのですが、B2C(企業が一般消費者に向けて販売するケース)に対する満足度は、C2Cに対する満足度よりも高く、商品の品質やサービスの質という点では、やはり企業の製品が一般消費者の商品を上回ることがわかります。

では、逆にネットショッピングに対する不満は何かというと、これは「不慣れである」という点が挙げられます。

B2Cのケースで来訪した人は、操作がわからず途中で挫折したというユーザーが来訪者全体の45.3%にあたり、支払いに必要となる手段(たとえばクレジットカードなど)を持っていないという理由で18%の来訪者が挫折しています。

では、C2Cの来訪者ではどうかというと、全体の18.5%がネットショッピングに関する知識不足による挫折を経験しています。

ということは、約半年間でネットユーザーの85.7%もの人が来訪しているにもかかわらず、実際に売買が成立したのはわずか26%ということですから、これは中国ネットユーザーの意外な一面であると言えるでしょう。

ただ、かの報告書によれば、中国のネットショッピングは、必要なガイダンスと教育が行き届けば、今後さらに発展するであろうと報告しています。

こうした問題は、中国国内の収入格差に起因していると考えられます。

先に触れた1000元〜3000元というのは、都市部における初任給である2000元〜3000元と同程度か、あるいは少ないということが言えます。

ということは、中国国内のネットショッピング市場は、もっと中高層部に浸透する余地があることになります。

このあたりが今後中国におけるネットショッピングのカギを握ることになりそうです。

ネットショッピングの啓蒙と取引のお約束を動画で訴える

ネットが盛んなような印象もある中国ですが、ネットショッピングという部分に限れば、まだまだ浸透には程遠いのが中国の現状です。

とすると、中国向け輸出ビジネスを考えるとき、真正面からぶつかってもなかなか効果は生まれそうにありません。

そこで、ホームページを用意する際、1つのホームページだけを窓口とするのではなく、ターゲット別にいくつかのホームページを作るというのもひとつの手です。

男性向けホームページ、女性向け、学生向けといった具合に、1つのホームページの中に異なるカテゴリのサイトを構築する従来型ではなく、カテゴリ自体をホームページにしてしまうことで、ネットショッピングに不慣れな中国人にはいく分使い方が易しくなるはずです。

中国人は、思い立ったらその場で行動を起こしやすい反面、あきらめるのも早いと考えられています。

せっかくサイトに来訪しても、自分の手に負えそうもないとなると、すぐに出て行ってしまいます。

商品に対する興味の前に、うまくいかないと立ち去ってしまうという部分を解消しなければ、中国人の顧客に販売するのは難しくなってしまいます。

そして、また別の方面からのアプローチも試みる価値はあります。

それは、「教育」です。B2CであろうとC2Cであろうと、互いにとって満足な取引をするためには、最低限のルールを守った上でコミュニケーションするということが必要になります。

それは当然のことなのですが、何も要領を得ない人に対して一方通行のルールの押し付けをしたところで、またイヤになってサイトから出て行ってしまうのが関の山です。

そこで、ネットショッピングのメリットを具体的に説明し、教育するのです。

実店舗との違いや取引全体のフロー、さらには、中国では最重要視しなければならないカスタマーサポートと保証、そういったネットショッピングのメリット、そして場合によってはデメリットをyoutubeなどのネット動画にまとめて配信するのです。

もちろん自社のCMとしての効果もありますが、ネットショッピングに対する啓蒙と、そして「取引時のお約束」を動画で訴える効果が見込めるはずです。

できる限りネイティヴの音声を加え、安心感を与えるほうが効果的だと思います。

動画の内容も、メール同様シンプルに、アピールしたい必要最小限のポイントだけを盛り込むようにしてください。

中古車輸出専用ウェブ構築ソフト「Racoon」
ネットビジネス志望者が急増中!
誰もが、簡単に、輸出ビジネスを始められる!
思考回路を切り替えて、海外に儲けのチャンスを見出す
日本の中古品は世界のお宝<成功例1>
起業1年目で粗利益95%<成功例2>
ポップカルチャーは無限の価値<成功例3>
起業1年目で売上げ8000万超!<成功例4>
ミドルパッケージを利用すれば、もっと手軽に始められる
ネット輸出ではモノだけでなく、サービスも売ることができる
ネットビジネスの元手を安くする、インターネット・オフィス
商材探しのスタートは、見込み客がいる国の絞り込みから
外国人だけでなく、在外邦人も大きな見込み客
海外では珍しいが、日本では珍しくない。そんな商品は競争が激しい
海外でも、日本でも珍しい商材は、需要の喚起が大切
海外でも、日本でも珍しくない商品は、低価値だが大量販売に向いている
海外では珍しくないが、日本では珍しい商品は、ひと工夫して高価値に変換
国と地域を絞り込むときには、2つのリスクを考慮する
商材の絞り込みは、仮説と検証の繰り返し
商品の利益率に注目すると、それに見合う付加価値が見えてくる
ネット輸出ビジネスに向いている3つの組織形態
自分に合った組織形態を選ぶポイント
社名のつけ方、ブレインの数、スタッフの人選
取り扱う商品によって、監督官庁などの許認可を確認する
ネット輸出ビジネスに必要な語学力とは?
攻略法その@オンラインの機械翻訳サービスを使う
攻略法そのA在日留学生・語学キャリア主婦を雇う
攻略法そのB現地企業、海外赴任者、赴任帰国者に協力を依頼する
攻略法そのC専門業者に頼む
攻略法そのD外国人と相互学習する
コミュニケーションの基本は英文ビジネスメール
仲介貿易(三国間貿易)をメインに考えたコミュニケーションのあり方
インターネット広告を世界に発信する前の心構え
中国でのネットショッピングはC2Cが9割
中国人は左手に「現実」、右手には「絆」という器を持っている
中国で人気がでるWEBサイトの条件
ネット広告の必要性と種類の確認
在外邦人向けの商財に合わせた広告を考える
常に為替リスクを考えることが大切
現地の状況を意識した決済手段を考える
手数料が高い電信送金、送金額に上限がある国際郵便為替
クレジットカード決済代行会社を利用して、事務管理コストを削減
paypalは、個人のネットショップオーナーに最適な決済手段
オンライン・マーケットプレイスは、国境のないバーチャルモール
リスク対策の基本は・お互いの行動を予測・管理する売買契約書
ネット輸出ビジネスにおけるリスクマネジメント
売買契約を巡るトラブルと対策
返品、キャンセルを巡るトラブルと対策
利用規約を巡るトラブルと対策
中古車輸出「完全起業パッケージ」
発展途上国が熱い!!日本脱出!!中古車輸出ビジネスで増収マニュアル!!
発展途上国が熱い。古物商で中古車輸出ビジネス開業キット。
中古車輸出のバイヤー探し専門マニュアル『i-marketing』

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
定期 金利 一覧



















ネットで海外輸出ビジネスをはじめる方法 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。