ネットで海外輸出ビジネスをはじめる方法 

年商6000万円ラクラク突破!中古車輸出でエンジョイライフ!

ネット輸出で成功する人が増えています。ここではそんな輸出ビジネスのノウハウを公開します。

サイトマップ

社名のつけ方、ブレインの数、スタッフの人選

事業を興す場合、社名も重要になります。



特に、輸出ビジネスにおいては、海外目線でのネーミングが必要になるため、日本語の社名では何ら意味をなさないことになります。

当然和英双方の社名を用意するべきです。

これについても、もう少し具体的にまとめてみます。

@事業内容と合致したネーミング・・・検索時のヒット率に影響大

Aシンプルかつインパクトあるネーミング・・・事業内容がわからなければ無意味

また、開業にあたって専門的な知識や戦略が必要になりますが、しかしあまり多くのブレインを抱え込むのは考えものです。

むしろ初めだからこそ1〜2人に絞り込み、足回りをできるだけ素軽く必要があります。

そして、ビジネスが軌道に乗ったころに少し増強すれば、それで十分です。

また、スタッフの人選にも気をつかいます。

ネットビジネスである以上、IT戦略に長けた人材が必要で、これに加え、営業、顧客対応、裏方さんを含め、やはり最低でも4人は必要になります。

また、まずは副業からと考える人もいると思いますが、この場合、本業あってはじめて「副業」となるわけですから、就業時間帯などに不都合がないように気をつける必要があります。


国内で販売している会社の商品を、ネットで海外に輸出したいとき

予め商品化されている商品――すなわち、会社内の既存の国内向け製品をあらためて海外に売るケースについても、付加的に考えてみます。

新規事業の責任者は神経の太いどっしりとした人が理想

事業の方向性を決定するのがその事業主であるというのは、国内においては暗黙の了解を得られているはずですが、しかし輸出ビジネスにおいてもまったく同じ考え方でまかり通るというわけではありません。

4役(IT担当者、営業、顧客対応、裏方さん)を慎重に人選することは当然ですが、この人選の際、国内で評価される人がそのまま海外向けにも通用するとは言えない、ということです。

もちろん、戦力に限りもあるでしょうから、既存の戦力でそうした新しい分野に踏み出すのであれば、精神的にたくましい人を選ぶべきです。

このあたりの人事に関しても、ビジネスの本質と同様、国内向けと海外向けではまったく異なるという認識が必要でしょう。

営業本部の場所とコミュニケーションの手段

また、営業本部の場所とコミュニケーションの手段についてですが、コミュニケーションについては、メール、インターネット電話など、コストの安い形態で適宜まかなうことにすれば問題はないですし、輸出ビジネスというスタイルから、よほど重要な会議でもない限り、毎日のように本部で顔を突き合わせるという必要もありません。

むしろ足回りの素軽さのほうが重要です。

関係部署との調整と予算の確保

加えて、部署間の連携と予算の確保についても考えます。

ビジネスプランをしっかりと構築し、これに則って事業運営をする――そう言ってしまうとずいぶん簡単なことのように感じられるかもしれませんが、実際に運営するとなると、そう簡単なことではありません。

人が違えば考え方も違いますから、社内の意見がいつも一致するとは限りません。

これにお金(予算)が絡めばそれはなおさらのこと。

そのあたりをできるだけスムーズにクリアするためにも、関係部署の長、あるいは発案者が案件ごとにメリット、デメリットを徹底的に洗い、リスク管理を怠らないよう責任を持つべきです。

納得のいかない案件に予算を割くわけにはいきませんから、この部分は徹底を要すると考えるべきでしょう。

あらかじめ撤退プランを作成し、損切りのラインを決めておく

そして、ロスカットに関する決めごとも明確にしておくことが重要です。

事業において、それがまだ新進分野であればあるほど、ロスが生じる覚悟を肝に銘じておく必要があります。

要するに、ある程度損益を計上したら、潔く撤退する勇気が必要になってくる、ということです。

長引けば長引くほどロスがかさみ、経営を圧迫することにもなりかねませんので、予めそのことを意識し、念頭に置いておくことが重要でしょう。

これは、精神衛生の面にも言えることです。

というのも、うまくいくときは心も体も元気でいられるものですが、一度道を外れてしまうと、ドロップアウトしない限りどこまでも道を逸れてしまう危険性があります。

これらのことをしっかりまとめ、しっかりと理解しておけば、運営の助けにこそなれ、妨げになることはありません。

中古車輸出専用ウェブ構築ソフト「Racoon」
ネットビジネス志望者が急増中!
誰もが、簡単に、輸出ビジネスを始められる!
思考回路を切り替えて、海外に儲けのチャンスを見出す
日本の中古品は世界のお宝<成功例1>
起業1年目で粗利益95%<成功例2>
ポップカルチャーは無限の価値<成功例3>
起業1年目で売上げ8000万超!<成功例4>
ミドルパッケージを利用すれば、もっと手軽に始められる
ネット輸出ではモノだけでなく、サービスも売ることができる
ネットビジネスの元手を安くする、インターネット・オフィス
商材探しのスタートは、見込み客がいる国の絞り込みから
外国人だけでなく、在外邦人も大きな見込み客
海外では珍しいが、日本では珍しくない。そんな商品は競争が激しい
海外でも、日本でも珍しい商材は、需要の喚起が大切
海外でも、日本でも珍しくない商品は、低価値だが大量販売に向いている
海外では珍しくないが、日本では珍しい商品は、ひと工夫して高価値に変換
国と地域を絞り込むときには、2つのリスクを考慮する
商材の絞り込みは、仮説と検証の繰り返し
商品の利益率に注目すると、それに見合う付加価値が見えてくる
ネット輸出ビジネスに向いている3つの組織形態
自分に合った組織形態を選ぶポイント
社名のつけ方、ブレインの数、スタッフの人選
取り扱う商品によって、監督官庁などの許認可を確認する
ネット輸出ビジネスに必要な語学力とは?
攻略法その@オンラインの機械翻訳サービスを使う
攻略法そのA在日留学生・語学キャリア主婦を雇う
攻略法そのB現地企業、海外赴任者、赴任帰国者に協力を依頼する
攻略法そのC専門業者に頼む
攻略法そのD外国人と相互学習する
コミュニケーションの基本は英文ビジネスメール
仲介貿易(三国間貿易)をメインに考えたコミュニケーションのあり方
インターネット広告を世界に発信する前の心構え
中国でのネットショッピングはC2Cが9割
中国人は左手に「現実」、右手には「絆」という器を持っている
中国で人気がでるWEBサイトの条件
ネット広告の必要性と種類の確認
在外邦人向けの商財に合わせた広告を考える
常に為替リスクを考えることが大切
現地の状況を意識した決済手段を考える
手数料が高い電信送金、送金額に上限がある国際郵便為替
クレジットカード決済代行会社を利用して、事務管理コストを削減
paypalは、個人のネットショップオーナーに最適な決済手段
オンライン・マーケットプレイスは、国境のないバーチャルモール
リスク対策の基本は・お互いの行動を予測・管理する売買契約書
ネット輸出ビジネスにおけるリスクマネジメント
売買契約を巡るトラブルと対策
返品、キャンセルを巡るトラブルと対策
利用規約を巡るトラブルと対策
中古車輸出「完全起業パッケージ」
発展途上国が熱い!!日本脱出!!中古車輸出ビジネスで増収マニュアル!!
発展途上国が熱い。古物商で中古車輸出ビジネス開業キット。
中古車輸出のバイヤー探し専門マニュアル『i-marketing』

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
住宅ローン 金利 引き下げ














ネットで海外輸出ビジネスをはじめる方法 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。