ネットで海外輸出ビジネスをはじめる方法 

年商6000万円ラクラク突破!中古車輸出でエンジョイライフ!

ネット輸出で成功する人が増えています。ここではそんな輸出ビジネスのノウハウを公開します。

サイトマップ

海外では珍しくないが、日本では珍しい商品は、ひと工夫して高価値に変換

今度は、「海外では珍しくないが、日本では珍しい商品」についても考察を続けます。



ただ、普通に考えれば、この種の物を売る必要があるのかと、おそらく疑問符がつくと思います。

しかし、ネット輸出ビジネスの分野では、常に「工夫ありき」で考えますから、一般的には考えられない物でも、工夫次第で思わぬ高値の取引が可能になります。

ここでも最大のポイントは、「日本製である」という付加価値です。

海外で売れる商品の特徴 メイド・イン・ジャパンはまだまだブランド効果がある

たとえば、日本とのかかわりの色が濃い商品を売る際に、他では手に入らない独自のサービスを付加するというのはどうでしょう?

あるいは、海外メーカーと提携して、日本独自の限定商品を販売するという方法も有効なはずです。

それが無理なら、日本の会社が販売しているということだけでも、十分付加価値を得られることでしょう。

ですから、「日本独自のルート」というのは、考えられる以上に効果があるのです。

ただ、これに際してもやはりいくつかの注意点が付随します。

それは、「(そのものの価値)<(付加価値)」となってしまってはいけない、ということです。

簡単に言えば、「日本のおまけ」が魅力で、本来全面に出ているはずの海外製品を買わなければならないということになってしまった場合、「顧客重視」のスタンスの崩壊を招き、さらには公正取引の観点からも、健全な売買とは言えなくなってしまうということです。

また、商品に「Made in Japan」の付加価値を与えるために、海外から一度輸入したものを再度輸出するという手法をご紹介しましたが、これについても、輸出先の国によってはライセンスの部分でクリアできない可能性がありますので、専門家の判断を仰ぐなど、十分な対処が必要になります。

海外で売れる商品の特徴 海外の売れ筋商品で供給が追い付いていないもの

ここでは、「海外では珍しくないもの」という前提なので、「珍しさ」の部分ではプレミア感はさほど大きくはありません。

であれば、需要と供給の均衡が保たれている商品で新たな市場を開拓するよりも、供給が需要を上回る商品に焦点を絞り込むのが得策と言えるでしょう。

このあたりも、ヤフーなどの検索サイトで適宜検索キーワードを検索窓に入力すれば、売れ筋アイテムがたくさんヒットするはずです。

そうしたリサーチは念入りに行うべきでしょう。

どんな商品にも言えることですが、物を売る前に一定の期間を設けて、その間に十分なリサーチが行われているのです。

ネットビジネスにおいてもそれは同じこと。

この部分を怠るべきではありません。


海外で売れる商品の特徴 販売後のメンテナンスやサポートに力点を置く

また、国際情勢にかかわるような政治情勢の変化や、世界的な注目が集まるような行事が行われる際には、トレンドはめまぐるしく変化するものです。

そういう意味では、グローバルな観点でアンテナを張り巡らせる必要があります。

さらに、売れた商品に対する考え方も、日本と同様ではいけません。

というのも、日本という国は、今でこそ循環消費型のサイクルを目指していますが、やはりどうしても従来の大量製造大量消費のサイクルがまだまだ根強いです。

しかし、海外では日本のように次々とヒット商品が生まれるということは考えられません。

その意味では、一度つかんだトレンドは長く手放すべきではないと言えます。

そして、新たなヒット商品を開拓してアピールするのではなく、売れた商品に対するアフターケアに力を注ぐことが求められます。

競合相手がいない以上、そうすることで顧客との信頼関係はより深まり、長期的なシェアを見出すことができるはずです。

次の表で、さまざまなパターンをまとめてみます。

日本では珍しくない商品 日本では珍しい商品
海外では珍しい商品 ・アニメ、マンガスポーツ選手のキャラクター商品など、ホビー関連商品
・自転車等の部品、特殊機械工具、安全グッズ、文房具など、良質な日本製品
・ぐいのみ、甚平、のれん、民芸玩具、手作りの季節商品、鯉のぼりなど、「和」のアイテム
・アイディア、発明グッズなどのユニーク商品
・外国人と価値感を共有できる日本人向け商材
・羽織着物、染物、和楽器、漆器、陶磁器など、高価あるいは需要がまだない商品
・骨董品をはじめとする和のアンティーク製品
・茶器、畳、屏風など、高価で「和」の極みのイメージを与える商品
・PCや携帯電話関連のユニーク商品
・新たな市場開拓の可能性を備えた商品
海外では珍しくない商品 ・日本人形、着物、和雑貨など、客観的に日本の伝統文化を感じることができる商品
・忍者や浮世絵などをあしらったゴルフボールなど、日本を感じられる生活用品
・和製ゲームや楽器の装飾品、日本関連のプリントをあしらったTシャツなど、日本を感じられる趣味用品
・海外製品を一度日本に輸入して「Made in Japan」として生まれ変わった製品
・海外メーカーの製品に日本独自のヴァージョンを加えた日本限定の商品

中古車輸出専用ウェブ構築ソフト「Racoon」
ネットビジネス志望者が急増中!
誰もが、簡単に、輸出ビジネスを始められる!
思考回路を切り替えて、海外に儲けのチャンスを見出す
日本の中古品は世界のお宝<成功例1>
起業1年目で粗利益95%<成功例2>
ポップカルチャーは無限の価値<成功例3>
起業1年目で売上げ8000万超!<成功例4>
ミドルパッケージを利用すれば、もっと手軽に始められる
ネット輸出ではモノだけでなく、サービスも売ることができる
ネットビジネスの元手を安くする、インターネット・オフィス
商材探しのスタートは、見込み客がいる国の絞り込みから
外国人だけでなく、在外邦人も大きな見込み客
海外では珍しいが、日本では珍しくない。そんな商品は競争が激しい
海外でも、日本でも珍しい商材は、需要の喚起が大切
海外でも、日本でも珍しくない商品は、低価値だが大量販売に向いている
海外では珍しくないが、日本では珍しい商品は、ひと工夫して高価値に変換
国と地域を絞り込むときには、2つのリスクを考慮する
商材の絞り込みは、仮説と検証の繰り返し
商品の利益率に注目すると、それに見合う付加価値が見えてくる
ネット輸出ビジネスに向いている3つの組織形態
自分に合った組織形態を選ぶポイント
社名のつけ方、ブレインの数、スタッフの人選
取り扱う商品によって、監督官庁などの許認可を確認する
ネット輸出ビジネスに必要な語学力とは?
攻略法その@オンラインの機械翻訳サービスを使う
攻略法そのA在日留学生・語学キャリア主婦を雇う
攻略法そのB現地企業、海外赴任者、赴任帰国者に協力を依頼する
攻略法そのC専門業者に頼む
攻略法そのD外国人と相互学習する
コミュニケーションの基本は英文ビジネスメール
仲介貿易(三国間貿易)をメインに考えたコミュニケーションのあり方
インターネット広告を世界に発信する前の心構え
中国でのネットショッピングはC2Cが9割
中国人は左手に「現実」、右手には「絆」という器を持っている
中国で人気がでるWEBサイトの条件
ネット広告の必要性と種類の確認
在外邦人向けの商財に合わせた広告を考える
常に為替リスクを考えることが大切
現地の状況を意識した決済手段を考える
手数料が高い電信送金、送金額に上限がある国際郵便為替
クレジットカード決済代行会社を利用して、事務管理コストを削減
paypalは、個人のネットショップオーナーに最適な決済手段
オンライン・マーケットプレイスは、国境のないバーチャルモール
リスク対策の基本は・お互いの行動を予測・管理する売買契約書
ネット輸出ビジネスにおけるリスクマネジメント
売買契約を巡るトラブルと対策
返品、キャンセルを巡るトラブルと対策
利用規約を巡るトラブルと対策
中古車輸出「完全起業パッケージ」
発展途上国が熱い!!日本脱出!!中古車輸出ビジネスで増収マニュアル!!
発展途上国が熱い。古物商で中古車輸出ビジネス開業キット。
中古車輸出のバイヤー探し専門マニュアル『i-marketing』

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
ジャックス 金利




















ネットで海外輸出ビジネスをはじめる方法 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。